丁度いいサイズの42ミリスーパーオーシャン ブライトリングの腕時計を買い取り致しました

A13311 ブライトリング スーパーオーシャン 42ミリ 自動巻きクロノグラフ機能付きダイバーウォッチです 200M防水で逆回転防止ラバーベゼルにブラックラバーベルト仕様です 少しカジュアル寄りの腕時計のように感じます 夜間に時刻を読み取れるスーパールミノバも使用しています 内箱と外箱説明書付きの中古品です

続きを読む

万年筆がブームなんです

何かと言えば snsやインスタ映えだのデジタル全盛の時代に 万年筆がブームなんです 万年筆というよりはインクがブームという方が正確かもしれません インクは星の数ほど販売されています むかしは他社のインクを使うと万年筆の調子が悪くなるなんて云われてたりもしましたが 最近のインクはほとんどのものが染料インクです つまり万年筆にインクを入れたまま長期間つかわずほったらかしの状態にしないなら 気にする必要ないと思います 私は色々なメーカーのインクをとっかえひっかえ入れて書いています 気を付けることはインクはビンの中で腐るということ 生もののようと考えると良いかもしれません 表面に何か浮いているとか底に何か溜まっているインクは使わない方が万年筆にとっては良いでしょう インク窓から見えるインクのカラーが綺麗でなんとも言えません というより実はインクを変える作業が好きなんですよねインクのビンも形がいろいろあって好きです カメラ用語にレンズ沼があるように文具用語にはインク沼があります 古いモンブランの万年筆 マイスターシュテュック149をお買取り致しました 万年筆は値段が高ければいいというものではありません 手のサイズに合った書きやすい万年筆が一番いい物です 安いものは1,000円台からありますのでぜひ万年筆を使ってみて下さい 私の下手な文字もインクの濃いや薄いが上手く誤魔化してくれてありがとうな状態になるんです 味わいもありますよ ペンのニ…

続きを読む

金杯より銀杯の方が数も多くてメジャーです

記念の品と言えば杯です 中でも金で作られた杯は高く売れるのですが 9割ぐらいの杯は銀製なんです 金杯と白金杯のセットなどお持ちであればかなりの高値が付きますよ 白金と言えば正確にはプラチナの事であり銀やホワイトゴールドの事ではありません プラチナ製の杯は今まで見たことがありません 存在するのでしょうか? 銀塊は金塊に比べると120分の1くらいの安い値段です 1グラムが40~45円くらいなんです だから銀杯の方が数も多くてメジャーです 写真の銀杯は重量が70グラム程度ですので買取価格が2200円前後となります 重さと売る時期により値段が変わります 銀も小幅ではありますが相場が上がり下がりしています この杯は金色をしていますがメッキです 純銀製の杯に金メッキです つまり銀の値段は付きますが中には銀でもないただのメッキ杯があります この場合は値段が付きませんので一度使ってみて下さい お酒が美味しく感じるかもしれません 銀杯も買い取りできます 是非見せて下さい たくさん集めて売ればなかなかの大金になります 大きい銀杯も見たことがあります 必ず底の方に銀と打ってあります 「GP」や「GF」とだけ打ってあるものは買い取りできない場合が多いです それも含めて鑑定させて頂きます(もちろん無料です) 京都の西大路高辻の質屋 丸信質店西院支店です

続きを読む

昔ほど流行らなくなってしまった喜平ネックレスのダブル・トリプル喜平の違いと見分け方

金価格の騰貴(上昇)と下落が激しくなってきました 新型コロナウィルスの世界的な流行などの影響でアメリカや世界の株価が下がりました 景気に悪影響をもたらすと世界中が判断するとそれにつられて金やプラチナや 原油価格も不安定な値になります 一時的にフォーナイン(999.9)ゴールドインゴットの 税込み小売り値段が1グラム6,480円になりとても高騰しましたが その後も大きく上げ下げを繰り返しR2/3/10 6,127円となっています その大きな価格変化をまともに受けるものの一つが 昔に流行った喜平ネックレス・ブレスレットです 重量が重い物で150グラムを超える物もいくつか査定してきました K18(18金)喜平型ブレスレット(ダブル)で20.1グラムあります 単純にK18の値が150円変動すると3,000円の上下が発生します 喜平ネックレスはシングルやダブルやトリプルがあります 見分け方などを少し説明いたします まずはシングル(普通の喜平) 金具(球体の留め具の付いている四角形の部分)に固定されている鎖の輪が1個です 普通のクサリ型です 単純な構造なので販売価格も安い部類に入ります(手間や工賃が安いためと思われます) つづいてダブル喜平 金具に固定されている輪が2個になります 一つのクサリの輪に二つの輪が通る構造で見た目も細かくなり全体の雰囲気も綺麗に見えます 手間もかかるのか新品販売価格もシングルより割高となります 最後にトリプル喜平 固定さ…

続きを読む

クリスマスローズを育てる

2月から3月がクリスマスローズの開花の季節です 日本の3大ガーデンプランツといえばイングリッシュローズ(バラ)と クレマチスとクリスマスローズです道の駅などで開花株や苗を見かけたら必ず立ち止まって見ています 特に花が付いているものは良い値段していますが 見た目が豪華なのに割安のクリスマスローズを見つける事が楽しみでもあります 購入したのはヘレボルスのアンナズレッドです つぼみが4~5個ついていて2,800円でした 葉も編み目模様が入っている品種です 購入後1週間くらいで一つ目が咲き始めました わりと大き目な花が咲く品種です この他にも1年生苗を購入しました 八重咲の品種で2年後に花が見込まれる苗です 1株700円でした クリスマスローズは種から育てると花がつくまで約3年かかるそうです 地植えすると成長がゆっくりになります 小さい苗の間は鉢植えのまま肥料をあげながら育てた方が早く成長します 色々な種類がついつい欲しくなりますね

続きを読む

人気記事

丸信質店 西院支店

オフィシャルHP
http://kyoto-marushin.com/